LPL.jpg
メルマガ登録・解除
●暮らしと家計のFP相談室
読者登録規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 
家計相談専門のFPが、プロのツールを使ってライフプラン分析のエッセンスを毎月お届けします。バックナンバーをご覧のうえ、お気軽にお申込みください…。

2009年09月17日

安全な住宅ローン

 
雇用や給与体系の変化…
 
さらには、景気動向によって…
 
将来の収入増については…
 
かなり厳しい見方をしている人は多いです…。
 
であれば…
 
住宅ローンの借り方そのものも…
 
同じように、厳しい見方をするべき…。
 
借り方はもちろんですが…
 
購入する物件の価格帯…
 
資金計画から冷静に検討するべきです…。
 
せっかくのマイホームが…
 
将来の重荷になっては……。(汗)
 
 

2009年09月16日

変動金利じゃないと…

 
住宅ローン、変動金利の低さが際立ちますね…。
 
冷静に考えれば、全期間固定金利も十分低いのですが…。(汗)
 
購入候補となる物件を見る…
↓ 
実際の価格帯を知る…

購入意欲が増す…
↓ 
変動金利を前提に住宅ローンの試算を見る…

全期間固定金利の試算も見てみる…

全期間固定金利が、損に感じる…
 
みたいな感じになっていませんか…。(笑)
 
全期間固定金利が安心なのはわかるけれど…
 
変動金利じゃないと、返済額が苦しいから…
 
なんていうことでは…
 
長く続く住宅ローン…
 
安心とはいえませんよ…。
 
 
 

2009年08月04日

住宅ローン返済負担率の謎

 
住宅ローンの返済負担率…
 
20〜25%くらいが安全圏…
 
というのに、以前から違和感を感じていたのですが…。(汗)
 
というわけで、あっちのブログでシミュレーション…。
 
↓ここから5本の連続記事があります。
 
(1)住宅ローンの返済負担率…
 
↓ここからやっと本題、3本の連続記事です。
 
(1)返済負担率で悩む…
 
当然、ケースバイケースではありますが…
 
印象から言うと…
 
昔から言われている、返済負担率…
 
というのは、順調な収入増を前提にしているのでは…?
 
ということです…。
 
収入増…
 
もちろん、給与の増加や…
 
それが期待できないのなら…
 
世帯収入増…
 
つまり、妻のパート収入などが該当しますね…。
 
変動金利は、歴史的な低水準です…。
 
低金利のメリットは確かに大きなインパクトですが…
 
家計の将来収支…
 
長期的に見通すのは難しいもの…。
 
現在、非常に複雑な経済環境です…
 
住宅ローンは長期の返済計画…
 
これまで以上に、慎重な検討が必要です…。
 
 

2009年07月29日

少し気になります…

 
ここのところ…
 
住宅ローンのご相談が続いています…。
 
相変わらずの低金利ですし…
 
マンション価格も少し下がったでしょうか…。
 
環境は整っていますが…
 
住宅ローンの返済計画にも慎重な様子…
 
ということであれば、良い傾向です…。
 
ところが…
 
一見、安全な住宅ローンのように見えても…
 
実は、そうでもなかったり…
 
危険な住宅ローンのように見えても…
 
それほどでもなかったり…
 
ライフプラン分析をもとにした…
 
家計のキャッシュフロー表を使って…
 
将来の家計像をシミュレーションしてみると…
 
わが家の家計管理のポイントが見えてきます…。
 
そんな記事が満載の…
 
ライフプランラボの第二のブログ…
 
すべての答えは、あなたの家計にある…
 
この公式ブログ同様、ごひいきに…。(笑)
 
今日は、ゆる〜い記事ばかりの予定ですが…。(汗)
 
 
 

2009年07月14日

住居購入のご相談…

 
引き続き、住居購入に関して…
 
住宅ローンのご相談が多いのですが…
 
ほぼ、購入する物件が決まっていて…
 
契約直前、というタイミングでのご相談は多いようです…。
 
ぎりぎりになって、やはり住宅ローンについて…
 
不安が解消できない…
 
というお気持ちは理解できます…。(汗)
 
しかし、苦労してようやくめぐり合えた物件です…
 
返済計画が少々厳しいからといって…
 
簡単にあきらめるわけにはいきませんね…。(笑)
 
この場合、いかに安全に返済していくのかを…
 
しっかりとプランニングすることはもちろんですが…
 
そのプランについて、確実に実行していくことこそが…
 
とても、重要になってきます…。
 
一方で、まだ物件探しを始めたばかりで…
 
どの程度の価格帯で探すのか、迷っている…
 
ということであれば、より安心です…。
 
ライフプランに基づく、家計のキャッシュフローを…
 
長期にわたって、しっかりと分析してみて…
 
その中で、住宅ローンについて複数のパターンで…
 
返済計画をシミュレーションしてみます…。
 
ここで、時間をとって…
 
安全に返済できる住宅ローンの額を…
 
見定めてから、物件探しを始めていただければ…
 
より、安全なものになります……。
 
とはいっても…
 
なかなか難しいものでしょうか…。(汗)